進路・就職 土木工学専攻

主な就職先・進学先一覧

建設業を中心に、公務員や輸送、サービスなど様々な分野へ就職しています。大学院への進学も多くあります。

就職 STORY

  • 林 千尋さん

4年間思い続けた気持ちを貫き通した。

計画から維持管理まで、通信インフラ全体に携われる会社に内定。目に見えないし、地図にも載らない仕事だけど、社会の基盤を通信で支えていきたい。

内定先 | エヌ・ティ・ティ・インフラネット株式会社

工学部土木工学科土木工学専攻 2020年3月卒業
林 千尋さん
(出身高校/愛知県立豊田北高等学校)

1年次
通信インフラの仕事がしたい!
将来は土木業界の中でも通信インフラに関わりたいと思い、この専攻を選びました。単に「大きな社会基盤となるものをつくりたい」という気持ちだけで、どこで働きたいかまでは絞り込めていませんでした。
2年次
公務員かコンサルに方向転換
内定先の会社が第一希望でしたが、高専生しか採らないと聞き、あきらめていました。そこで「建設技術フェア」などのイベントに参加したり、外部講師の方の講演などを聞き、仕事の発注側である公務員かコンサルに方向転換。
3年次
幸運が舞い込む!
市役所などにインターンシップに行きましたが、向いていないと感じていたところ、企業研究会で第一希望の内定先が大学生を採用するというニュース! すぐに担当者から名刺をもらって、自分をPRしました。
4年次
初志貫徹が就職活動成功のポイント
5月末に無事内定をいただきました。就職活動がうまくいったのは、4年間を通して通信インフラに携わりたいという気持ちを変えずにもち続けたことだと思っています。就職後も縁の下の力持ちとして社会を支えていきたいです。

  • 青山 健志郎さん

自分の力を信じ、公務員からゼネコンへと進路を変更。

業界、職種、受ける企業、すべてをひとつに絞り込んだ就職活動。日々の努力と前向きな気持ちが、自分の道を拓いてくれました。

内定先 | 大成建設株式会社

工学部土木工学科土木工学専攻 2019年3月卒業
青山 健志郎さん
(出身高校/愛知県立豊野高等学校)

1年次
テストの結果を見て、土木が好きになる
土木工学の学びをあまり理解していない状態で入学しましたが、前期のテストの成績が良かったことで、勉強が楽しくなりました。後期は学科1位になることを目標に定め、すべての科目に真剣に取り組みました。
2年次
苦手科目の克服よりも得意科目を伸ばすことを重視
友だちと一緒に勉強し、教える機会が増えたことで、土木の専門知識に対する自分の理解も大きく進んだ1年間でした。得意科目を伸ばすことの大切さを知ったのもこの時期。得意な分野がわかると、勉強がさらにおもしろくなりました。
3年次
インターンシップへの参加が、進路を決めた
公務員をめざしてエクステンションセンターの公務員講座を受講しましたが、ゼネコンのインターンシップで施工管理を体験したことで目標が変わりました。その後はこの企業を第一志望とし、教授のアドバイスをいただきながら準備しました。
4年次
研究室での学びが、就職後の仕事に直結
公務員をめざした時期に研究室を決めたため、地震研究室で南海トラフ地震に関する研究に取り組みました。この研究によって、プログラミングやシミュレーションの技術を磨くことができ、研究の達成感も味わうことができました。

※掲載内容は取材当時のものです。

PAGE
TOP