進路・就職 スポーツマネジメント専攻

主な就職先・進学先一覧

サービス、製造業、商社、流通、建設業など、幅広い分野へ就職しています。

就職 STORY

  • 小椋 翔太さん

中学のときから憧れていた職業に。

中学生のとき、学校に消防士が来てくれたことがあり「かっこいい!」と憧れていました。これからは人の命を救うために全人生をかけていきます。

内定先 | 豊田市消防本部

経営学部経営学科スポーツマネジメント専攻 2020年3月卒業
小椋 翔太さん
(出身高校/愛知県立大府高等学校)

1年次
野球と勉強の毎日を過ごす
高校からやっていた硬式野球を続けるために愛知工業大学へ。部活で忙しい日々を過ごしながらも、将来は消防士になると決めていたので、大学の勉強と並行して公務員試験の勉強も少しずつスタートさせました。
2年次
独自の「5秒ルール」を導入
消防士になった友人の話を聞き、消防士になる気持ちがさらに強くなりました。勉強はあえて綿密な計画は立てず、独自に考えた「5秒ルール」を遵守。勉強などやるべきことを思いついたら5秒以内に実行するようにしました。
3年次
選手を引退し、勉強に拍車がかかる
夏に選手を引退し、学生コーチに。余裕ができたので夜中まで勉強する日々を送りました。面接の練習を繰り返すことで、先生から「君ならなれるよ!」と言われ、さらに自信がつきました。
4年次
狭き門を見事に突破!
大学野球の全国大会では、解説席に座って試合の解説をする経験もさせてもらいました。豊田市の消防署の枠は300名中23名。狭き門でしたが、無事に内定をいただくことができました。

  • 坂 美咲季さん

球団関係者になりたいという夢に向かって全力疾走。

自分が夢をもらった場所で働けることが何よりの誇り。就職後はすべての部署の仕事を覚え、オールラウンダーになりたいと考えています。

内定先 | 株式会社ナゴヤドーム

経営学部経営学科スポーツマネジメント専攻 2019年3月卒業
坂 美咲季さん
(出身高校/愛知県 至学館高等学校)

1年次
授業で得た知識をマネージャー業務に活かす
プロ野球の球団関係者になることが夢だったので、スポーツマネジメント専攻を選びました。入学と同時にマネージャーとして硬式野球部に入部し、授業で学んだ内容をマネージャー業務に活かすことで体験することの大切さを知りました。
2年次
学びとマネージャー業務の両立に必死だった
野球部で主務を担当することになり、授業とマネージャー業務を両立させようと必死でがんばった時期。参加した藤井先生のセミナーは特に課題も多く大変でしたが、この学びによって自分の考えをもち、発言できるようになりました。
3年次
志望企業に就職するために、できることを精一杯
志望する企業は決まっていたので、選考フローなどを調べ、3年次のうちに何をすべきかを考えながら行動していました。スポーツに特化した経営の勉強に力を入れ、思ったことを文章にする能力も身につけることができました。
4年次
野球部の経験をパワーに最難関の企業に内定
部活との兼ね合いもあり、就職活動は4月から。遅いスタートとなりました。しかし、野球部でマネージャーとして経験してきたことが大きな力になり、面接で自分の意見をしっかりと話すことができました。4年間がんばってきて良かったです。

※掲載内容は取材当時のものです。

PAGE
TOP