カリキュラム 建築学専攻

カリキュラム紹介

一級建築士の資格取得を大きな目標とし、基礎から専門分野まで個人の特長を活かした選択が可能なカリキュラム構成となっています。

PICK UP 講義

【1年】基礎知識に加え、製図の基礎など技術もしっかりと身につけます
  • 造形

造形

学生が持つ美的直感力を探り出し、基本的な方法を用いて造形表現を豊かにします。実技を通して美への鑑賞力や審美眼を高め、建築への応用展開を目指します。
【3年】「計画・意匠」「構造・材料」「環境・設備」を学び、総合力を養います
  • 建築工学実験

建築工学実験

建築物に使用される材料の性能を正確に把握するため、構造・材料及び環境・設備に関連する試験項目を厳選し、試験の目的、測定原理、測定手順、測定結果の評価方法などについて学びます。
  • 建築設計Ⅰ

建築設計Ⅰ

建築設計の充実を目指す学生を対象に、設計能力のレベルアップをはかります。建物単体ではなく地区全体の計画や、多機能複合建築物の設計を通して中規模建築物以上の空間構成能力を養います。
  • 建築設備設計Ⅰ

建築設備設計Ⅰ

事務作業の効率化には空気調和設備による快適な環境維持が必要。事務所ビルの空気調和設備を熱負荷計算、設備機器の選定、換気・ダクト設計、配管系設計から、CADにより設備図面を作成する技術を身につけます。
【4年】業界の実状に沿った実践的な研究で即戦力となれる力を身につけます
  • 卒業研究

卒業研究

卒業研究には論文と設計があります。卒業論文は、調査・実験で得られたデータの分析・検討・評価・考察などを行い、論文にまとめます。卒業設計は、設計テーマを設定し、テーマに沿った提案を設計図面・模型などにまとめます。
  • シラバス検索

シラバス検索

開講科目の詳細情報をキーワードから検索することができます。
PAGE
TOP