バイオ環境化学専攻 応用化学科

バイオ環境化学専攻
バイオと応用科学のコラボが
生む、夢のテクノロジーに挑戦
バイオ環境化学専攻では、低学年の1、2年生では、現代の科学技術を支える化学分野(無機化学、有機化学、分析化学、物理化学、高分子化学、生物化学など)の基礎知識を身につけ、3、4年生では、より高度な専門知識と実験・分析技術を修得し、医薬品やセンサの開発を目指す化学技術者を養成します。

バイオ環境化学専攻の学びのポイント

  1. 新しい分野だからこそ、
    将来性のある研究分野。
    バイオテクノロジーと環境分析の研究を結びつけたバイオ環境化学は、新しい分野の学問。新薬や機能性食品の開発、バイオセンサの開発など、可能性は無限大です。
  2. 視野と人脈を広げるために
    学会での発表にも
    取り組む。
    応用化学科には、学部生を積極的に学会に参加させる研究室が多くあります。研究した結果を学会で発表し、学外の研究者の意見を聞くことで、視野と人脈が広がっていきます。
  3. 研究開発職から営業マン
    まで、多種多様な進路が
    待っている!
    卒業後は、化学的な分析、実験の能力を活かし、医薬品、食品、新素材、化粧品、環境関連分野の研究開発へ進むことが可能です。地元のセラミックス、合成樹脂、自動車部品、電子部品などの製造業も期待できます。化学の知識を活かした営業職やサービス職でも活躍できます。

身近な社会で見つける学びの魅力

バイオ環境をキーワードに、化学的視点から生命の優れた点を学び、センサや新薬の創成、新しい触媒開発を目指します。
医薬品 生命機能を分子のレベルで解明することにより、センサや新薬の創成を目指します。
環境分析 人々が安心して暮らせる環境を保つための環境検査や環境改善、医療分析に、分析科学が役立っています。

バイオ環境化学専攻の内容

PAGE
TOP