カリキュラム バイオ環境化学専攻

カリキュラム紹介

数学、物理、化学、生物など、科学の土台をしっかりと習得し、バイオの専門分野を学びます。

PICK UP 講義

【1年】化学を学ぶ上で必要な最低限の基礎知識をマスターします
  • 基礎化学Ⅱ

基礎化学Ⅱ

物質の状態(気体、液体)、物質とエネルギーとの関係の基礎となる熱力学、物質の状態変化、溶液の性質、化学平衡と反応速度、電解質溶液など、物理化学の基礎的な内容を学びます。
  • 分子生物学Ⅱ

分子生物学Ⅱ

分子生物学とは、生命現象を分子レベルで解明することを目指す学問であり、バイオテクノロジー分野において欠かせない基礎知識です。分子生物学Ⅰで学んだ知識を前提に、分子生物学をさらに深く掘り下げて学びます。
【2年】環境分析などの実験を開始。実験の意味を理解しながら実施します
  • 有機反応化学

有機反応化学

基本的な4種類の有機反応である付加反応、置換反応、脱離反応、転位反応について、有機電子論的反応機構をもとに修得します。
  • 環境・分析化学実験

環境・分析化学実験

基礎技術として不可欠な分析技術である重量分析・容量分析を学びます。分離分析では、分光光度計、高速液体クロマトグラフ、フローインジェクション装置を用い、分析機器操作の修得と環境化学物質の検出法を学びます。
【3年】様々な実験を通してバイオ環境分野の将来有用性を理解します
  • 応用生物工学

応用生物工学

生物の持つ遺伝、増殖、物質代謝などの機能を産業社会に利用する生物利用工学を学びます。生物学の基礎を学んだ後は、たんぱく質工学を中心に酵素や抗体についても理解します。
【4年】新薬の開発など専門的な分野への理解を深め、進路を決定します
  • 卒業研究

卒業研究

卒業研究は、研究の取組み方、実験・解析結果のまとめ方、プレゼンテーションやディスカッションの方法など、技術者に求められる基本スキルを身につける重要な科目です。
  • シラバス検索

シラバス検索

開講科目の詳細情報をキーワードから検索することができます。
PAGE
TOP