土木工学専攻 土木工学科

土木工学専攻
道路、橋、空港、都市。
国民の生活基盤を
支えるための学び

21世紀の暮らしを支える工学

土木工学の対象は、生活基盤そのもの。道路、橋梁、トンネル、堤防、ダム、鉄道、空港、港湾、さらには上下水道やガスのネットワーク、都市計画も土木が扱う領域です。近年は、人々の暮らしを便利にするための構造の建設や化石燃料の使用によってもたらされる、環境破壊や地球温暖化への取組みも、土木の大切な役割として注目を集めています。日本の大切な国土と社会基盤施設を守り、自然との共生を実現するために、高度な技術を持った土木技術者を育てています。

土木工学専攻の学びのポイント

  1. 自然との共生に
    本気で取り組む。
    環境だけを学ぶのではなく、時代に必要とされる環境と人間生活を共存させる技術を学びます。生態学や環境保全など、自然環境に関する科目も豊富です。
  2. 学びの基本は物理と数学。
    土台を固めてステップアップ!
    土木工学専攻の学びは、数学や物理の基本を見直すところから始まります。強度を測定したり、構造を解析したりと、土木には物理と数学が活躍するシーンが多いため、土台固めをしっかりと行います。
  3. 幅広い就職先から
    可能性が見えてくる。
    大手ゼネコンをはじめ、建設会社や県庁、市役所まで、卒業生の就職先は多岐にわたります。高度成長期につくられた構造物の見直しも求められる時代、卒業後の進路の幅は広がります。

身近な社会で見つける学びの魅力

環境に負荷をかけない社会基盤のありかたを考え、環境に調和した持続的未来社会の実現につながる、企画、設計、施工を学びます。
交通網 道路、鉄道、橋などインフラを整備することで社会に貢献。「地図に残る」ダイナミックな仕事に携わることができます。
上下水道 土木の知識と技術を活かして、生活に欠かせない上水、下水、ガスなどのライフラインの整備、維持を進めます。

土木工学専攻の内容

PAGE
TOP